油脂

油脂は動物油脂と植物油脂に分かれ、常温で固体のものを「脂肪」、液体のものを「脂肪油」といいます。粧香品の原料に使われるおもな動物由来の油脂には卵黄油、肝油(スクワラン)などの脂肪油と、牛脂、馬油などの脂肪があります。植物由来の油脂には、アマニ油、トウモロコシ油、オリーブ油、ヒマシ油、椿油、ごま油、大豆油、などの脂肪油と、パーム油、カカオ油などの脂肪があります。油脂は酸素や日光、微生物の作用で酸敗(酸化、変質すること)しやすいため、一般的に酸化防止剤、防腐剤、殺菌剤などの保存剤が添加されています。

関連リンク