ユーメラニン

毛髪や肌の色を決めるメラニン色素には、ユーメラニン/真性メラニン(黒褐色系)とフェオメラニン(黄赤色系)があります。ユーメラニンの総量が多いと、髪の色は黒色になり、少ないと茶色になります。日本人を含むアジア人の毛髪が黒いのは、ユーメラニンの総量が多く、フェオメラニンの総量が少ないためです。一方、欧米人にみられる赤毛は、フェオメラニンの総量が多く、ユーメラニンの総量が少ないためです。ユーメラニンもフェアメラニンもともに少ないとブロンドになります。どちらのメラニンもほとんど生成されなくなると白髪になります。

関連リンク