予防接種法

予防接種法は伝染病の恐れがある疾病のまん延を予防するために設定された法律です。予防接種法により各疾病のワクチンを接種する時期や回数、実施者などを具体的に規定しています。有効なワクチン接種により体内に免疫ができ、感染しても発症を防いだり、発症しても重篤化せずにすむようにするのはもちろん、集団感染をふせぐ効果もあります。感染症の主なワクチンには次のようのものがあります。ジフテリア、百日咳、急性灰白髄炎、麻しん、風しん、日本脳炎、破傷風、結核、Hib感染症、肺炎球菌感染症、ヒトパピローマウイルス感染症など。

関連リンク