爪紅

爪紅(つまべに)とは江戸時代後期に流行した爪化粧、マニュキアです。江戸時代になるとベニバナを使った染色技術が中国から渡来し、各地でベニバナの栽培が盛んに行われるようになりました。ベニバナからとった紅は、江戸初期にはおしろいに混ぜて頬紅として使用され、後期には口紅や爪紅として使用されるようになりました。当時の紅は非常に高価なぜいたく品であったため、爪紅を塗ることは女性らのあこがれでもありました。平安時代、ベニバナが広まる前は、鳳仙花(ホウセンカ)、ホオズキの葉などで爪を赤く染めるおしゃれも人気がありました。

関連リンク