代謝活性剤

代謝活性剤には感光素301号、ヒノキチオール、パントテン酸、プラセンタエキス、ビチオン、ペンタデカン酸グリセリドなどがあります。これらの代謝活性剤は主に育毛・養毛剤などの有効成分として用いられます。代謝活性剤は、毛包や毛乳頭の機能低下の改善に対して効果が期待でき、トコフェロール、ニンニクエキス、アロエエキス、塩化カルプロニウム、センブリエキスなどの毛細血管血流促進剤や、ビタミン、アミノ酸類などの栄養剤と合わせて配合されます。医薬品医療機器等法では、効果をフケ・かゆみの抑制にとどめているヘアケア商品は化粧品として扱われ、脱毛予防や発毛促進などの育毛・養毛効果への期待も含めているは医薬部外品として扱われます。

関連リンク