ストレス

ストレスとは人間や動物に対して心理的、物理的、科学的刺激を与えることで、副肝皮質ホルモンや自律神経を中心にこれに関連する器官が反応する状態をいいます。心理的不安や過労などが積み重なるとストレスが原因で自立神経失調症、高血圧、胃潰瘍などさまざまな疾患を引き起こすことがあります。これらの病気を総称してストレス症候群といいます。ストレス過多になると、精神的、心理的影響が自律神経を介して内臓機能に影響を与えるだけでなく、ホルモンにも悪影響を与え体の至る所に症状が表れます。ストレスから体を守るためにはストレスの根本原因を突き止め、それを排除する必要があります。

関連リンク