ステアプシン

ステアプシンは膵臓に含まれる消化酵素の一種です。ステアプシンには唾液や胃液に含まれるリパーゼと同様、脂肪を分解して脂肪酸とグリセリンにする作用があります。

関連リンク