シルクハット

シルクハットは、18世紀から19世紀にかけてヨーロッパで男性がかぶっていた帽子です。円筒形の帽子で、細い縁がついています。シルクのような光沢のある素材で作られていたことから、シルクハットと名づけられました。もともとは乗馬用の帽子でしたが、礼装用としてかぶられるようになりました。この頃から男性のファッションと髪型は大きな変化をみせ、かつての華美な装飾からシンプルな服装が流行し、短髪スタイルが定着しました。19世紀初期はセンター分けが流行し、中期には横分けが多くなり、短髪のカールやウェーブスタイルが一般的でした。

関連リンク