心理補色

補色には物理的補色と心理補色の二つがあります。心理補色とはある色をしばらく見つめた後に、他に視線を移すと補色の残像が見えてくることです。これは特定の色をずっと見ていると視神経が疲れ、その色に対する感度が鈍るためです。手術着が緑で作られているのは、血の赤色に対する心理補色である青緑を緩和するためです。

関連リンク