真皮

肌は「表皮」「皮下組織」の3層で成り立っています。表皮の内側にある層を「真皮」といい、表皮と真皮は薄い基底膜で結合されています。真皮の主成分はコラーゲン(膠原線維)とエラスチン(弾力線維)という二つのたんぱく質で、全体の70%近くをコラーゲンが占めています。コラーゲンは肌の耐久性を保ち、エラスチンは肌の弾力を保つ働きをします。紫外線ストレスや加齢により、真皮全体のコラーゲンやエラスチンの量が減少すると、肌の弾力やハリが失われたるみやしわの原因になります。真皮にはこの他に血管、神経、毛根、汗腺、皮脂腺などが含まれており、その厚さは部位により若干異なりますが表皮の約10~15倍(約2㎜)です。

関連リンク