色相環

色相環(しきそうかん)とはカラーサークルともいいます。色相とは赤、黄、緑、青、紫のようにその色を他の色と区別して特徴づけ、光の波長によって系統的に示したものです。色相環は、基本となる赤、黄、緑、青、紫の5色を円周上に等間隔に配置し、さらに隣り合う色を混ぜた中間色を配置した色見本です。例えば黄と緑の二次色(混ぜた色)は黄緑になります。さらに黄緑と黄を混ぜると、黄緑よりも黄色寄りの明るい黄緑が生まれます。このようにして色相環はより細分化されていきます。日本人の肌色は、赤と黄を混ぜた6.5段階目の色(6.5YR)といわれています。