積極的傾聴

積極的傾聴とは心理カウンセリングの技法のひとつです。傾聴とはクライアントの話を真摯にヒアリングし、相手の立場に立って悩みや問題を理解することです。傾聴はカウンセリングにおいて一番大切な基本です。積極的傾聴はアメリカの臨床心理士「カール・ロジャーズ」が提唱した技法で、カウンセラーがクライアントと信頼関係を築くうえで効果的な話の聞き方、受け止め方、話の返し方などのことです。カウンセラーは個人の価値観をいれず、中立な態度でクライアントの話を傾聴し、言葉では説明しきれない気持ちや悩み、考えを読み取ることが求められます。

関連リンク