スカルプチュアカール

スカルプチュアカールはシェーピングカールに代表されるカールでオールウェーブを作る上で大切な美容技術の一つです。スカルプチュアカールで構成されたウェーブは、隣り合うカールの間にスライス線が出ないのが特徴です。スカルプチュアカールを作るには、まずセットローションを塗布し、コームと指先を使いながら、ループが平面になりステムもループも頭皮に張り付くようにカールを作ってフラットにおさめます。最後にアメリカピンで片面打ちでとめます。ピンを外すと、ストランドの表裏が交互になるため、リッジが高く立体的な仕上がりになります。一方で平面的で全体のボリュームは小さくなるのが特徴です。