笹色紅

笹色紅(ささいろべに)とは江戸時代後期に流行した女性の化粧法です。ベニバナからとった紅は、江戸初期にはおしろいに混ぜて頬紅として使用され、後期には口紅として使用されるようになりました。笹色紅とは、下唇が玉虫色に光るまで紅を何度も重ね塗りをするリップメイクの手法です。当時の紅は非常に高価なぜいたく品であったため、笹色紅を塗ることは裕福であることの象徴で、女性らのあこがれでもありました。そこで紅を贅沢に使えない人々の間で、墨をリップ下地として塗ってから、少量の紅を重ね付けすることで笹色紅に見せる手法があみだされました。

関連リンク