産道感染

産道感染とは母子感染の一つで、分娩時、胎児が産道を通るときに、子宮頸部や膣に感染している病原体や、血液中の病原体が胎児に感染することです。母子感染にはHIV、梅毒、B型肝炎、単純ヘルペス、水痘などがあげられ、産道感染ではB型肝炎ウィルス、C型肝炎ウィルス、HIVウィルス、サイトメガロウィルスなどが高頻度と言われています。日本では母子感染を予防するために、妊婦健康診査で検査が行われる疾患もあります。母子感染にはその感染経路により、産道感染の他に、胎盤感染、母乳感染があります。
・胎盤感染・・・妊娠中に胎盤を介して胎児に感染することです
・母乳感染・・・母乳を介して新生児に感染することです

関連リンク