両性界面活性剤

界面活性剤は水に溶かしたときに電離してイオンになるイオン型界面活性剤か、イオンにならない非イオン型界面活性剤にわかれます。さらにイオン化した界面活性剤が陰イオンであれば陰イオン界面活性剤またはアニオン界面活性剤といい、陽イオンであれば陽イオン界面活性剤またはカチオン界面活性剤といいます。さらに、酸性の水溶液の中では陽イオン界面活性剤としての性質をもち、アルカリ性の水溶液の中では非イオン界面活性剤の性質をもつものを両性界面活性剤といいます。両性界面活性剤は皮膚への刺激が少ないため、古くからベビー用シャンプー剤などに用いられています。両性界面活性剤の一種「アルキルアミンオキシド」は手荒れを抑制する作用があるため、台所用洗剤に用いられています。