ポインティングカット

ポイントとは尖った先端を意味します。ポインティングカットは、刃先で毛先に切り込みを入れるようにカットすることで、毛先を尖らせたり、軽やかにすることができるカット技法です。ダウンシェープではパネルを下に引きながら、20~30度の角度で切り込みをいれ、断面がギザギザになるようにします。アップシェープではパネルを上に引きながら、同様に20~30度の角度で切り込みをいれます。シザーズによるカット技法には目的によってこの他にも、ブラントカット、ストロークカット、セニングカット、スライドカット、トリミングカットなどがあります。

関連リンク