太田母斑

太田母斑は一般的に黄色人種の女性に多い斑点状の青色母斑の一種です。瞼、頬、額に発生し、色は青、茶褐色、黒などが混合します。さらに皮膚だけにとどまらず、眼球結膜や口腔粘膜に広がることが多いです。これらは自然に消えることはないため、近年はレーザー治療で処置します。

関連リンク