温熱性発汗

発汗は自律神経によってコントロールされており、一日の発汗量は0.5L~2Lといわれています。特に夏場に激しい運動をした場合はそれ以上になる場合もあります。汗はその99%が水分で残り1%が食塩、尿素などの固形物からなっています。発汗には温熱性発汗、精神性発汗、味覚性発汗の三種類があります。温熱性発汗は、夏場や運動して熱いときなど温熱的な刺激によるもので、一定の時間がたってから発汗するのが特徴です。汗の量は徐々に増え、手のひら、足の裏を除く全身の毛穴から発汗するようになります。温熱性発汗をすることにより体温を調整します。

関連リンク