黄疸

黄疸は肝臓に障害がある場合に引き起こされ、皮膚が黄色くなります。肝臓はビタミンやホルモンと密接な関係があるため、肝臓障害は皮膚の変化を起こしやすいといわれています。皮膚は全身の健康状態を表す鏡ともいわれています。

関連リンク