日光角化症

顔や頭など日光(紫外線)に晒される部分は悪性腫瘍が発生しやすい部分です。頭皮に悪性腫瘍があった場合、患部が盛り上がっているなど手で触った感触がない限り本人は気づくことができないため、理容師、美容師が腫瘍を発見した場合、医師の受信を勧めることが大切です。腫瘍には悪性腫瘍と良性腫瘍があります。日光角化症とは皮膚がんの一種です。特徴は淡紅色~褐色の境界不鮮明な班で角化をともない表面は「ザラザラ」しており、いぼ状になることもあります。有棘細胞がんは、日光角化症から進展するケースもあります。長期の紫外線の暴露が誘因ともいわれており、別名、老人性角化症とも呼ばれ高齢になるほど発生頻度は高くなります。

関連リンク