毛小皮

毛小皮(もうしょうひ)はキューティクルともいい、毛髪を構成する3層の一番外側の透明で薄い層のことです。毛髄質の周りを毛皮質が囲み、その外側を毛小皮がウロコのように根元から毛先にかけて重なり合うように隙間なく並んでいます。毛先から根元にかけて逆毛を立てすぎると毛髪が傷みやすくなるのは、毛小皮の流れに逆らうためです。毛小皮は透明で色素(メラニン)がありません。さらに毛小皮の周りには脂肪膜があるため、毛髪は水をはじきます。洗浄力の強すぎるシャンプーで脂肪膜を取りすぎると毛髪が乾燥しダメージをうけやすくなります。

関連リンク