末梢神経

末梢神経とは脳や脊髄から全身の器官に伸びている神経線維の束のことで、12対の脳神経と31対の脊髄神経から成り立っています。神経線維はその機能により、体性神経と自律神経に分けられます。さらに体性神経には知覚神経と運動神経があり、自律神経には交感神経と副交感神経があります。神経線維にはこれらが混在しています。交感神経と副交感神経は互いに相反する作用をします。例えば獲物を捕獲しようとする動物の場合、交感神経が優位に働くと、瞳孔が拡張して周りの動きがよく見えるようになり、心臓の収縮力が増加し、毛が逆立ち格闘体制になります。一方、副交感神経が優位に働くと、心拍数がさがり鎮静化されます。

関連リンク