リフトカール

リフトカールはスタンドアップカールの一種で、ストランドの角度が45度以上に立ち上がって巻かれたものです。セットローションを塗布したら、ストランドの角度を45度以上にして毛先までシェープします。ストランドを人差し指と親指でつまむようにしてできるだけ小さくピボットポイント(カールの巻き始めポイント)に集めて持ちます。ピボットポイントを押さえながらカールを作ったら毛先をループの内側にしまい、スライス線よりも下がらない位置におさめ、アメリカピンで片面打ちでピニングします。ピンを外すと、カールが根元から立ちあがり、全体的にボリュームのあるウェーブに仕上がります。