クロッキノールカール

クロッキノールカールはフラットカールの一種で、ループが頭皮に平たくつくように作ります。指の根元寄りから指先に向かって巻きながら作ります。クロッキノールカールは指に巻き付けてループを作るため、メイポールカールのようにループに厚みが出るのが特徴です。そのため、毛髪が長く毛量が多い場合は、全体をしっかり固定できるようにループの下側を両面打ちでピニングします。このときピンでとめた跡がステムやループに残らないように注意します。一方、毛量が少なく厚みが小さい場合はスカルプチュアカール同様に、片面打ちで固定します。ループをオーバーラップさせることも可能です。

関連リンク