咬爪症

咬爪症とは爪を噛む習慣のせいで、変形してしまった爪のことをいいます。唾液によって爪が柔らかくふやけて食いちぎられた状態です。

関連リンク