際化粧

際化粧とは江戸時代に流行したメイク法です。当時、美しい額の形とは富士額(ふじびたい)とされており、現在の花嫁の和装かつらの額の形に共通しています。額の形を綺麗に見せるために、前髪の生え際におしろいを付けたり、余分な産毛を抜いて形を整え、墨を使って形を整える際化粧が広まりました。襟足も同様に、首筋がすっきり見えるように、生え際の毛を抜いたり、おしろいで整える際化粧が行われました。額の形を表す「富士額」は、禅宗建築の火灯窓の形に似ていることから別名「火灯額(かとうびたい」、「雁金額(かりがねびたい」とも呼ばれました。

関連リンク