金属製染毛剤

金属性染毛剤とは、硫酸第一鉄のような第一鉄塩を主剤とした1剤とタンニン酸を主剤とした2剤からできています。最も多く使用されているのは、鉛、鉄、銅、ニッケル、コバルトなどの化合物です。タンニンと鉄塩が反応し、毛髪に金属の被膜が形成されて発色します。金属製染毛剤の長所はジアミン系の酸化染毛剤の使用できないアレルギー体質の人に向いています。短所は染毛後にパーマネントウェーブがかからない点です。金属製染毛剤は現在はあまり使用されませんが、白髪染めなどで使用している方もいるため、パーマネントウェーブの際はカラー剤の利用履歴を確認するようにします。

関連リンク