幾何学錯視

輪郭線を変えることで意図的に錯覚(錯視)を生じさせることを幾何学錯視(きかがくさくし)といいます。幾何学錯視には大きさや距離に対する錯視と、角度や方向に対する錯視があります。さらに同じ長さの線でも、間に分割線を入れると線が長く見えることがあります。これを分割距離錯視(ぶんかつきょりさくし)といいます。このようなさまざまな錯覚現象を理解することは、髪をまっすぐカットしたつもりでも曲がって見えたり、同じ長さに切ったつもりでも違って見えることがあるため、理美容においても考慮することが大切です。そしてこれらの錯視を利用することで効果的なデザインを生み出すことができます。

関連リンク