検疫官

空港や港で外国からの入国者がSARSやエボラ出血熱、インフルエンザといった伝染病に汚染されていないか、感染した媒介動物がいないか、また、病原体に汚染された物品がないかを検査し、国内で伝染病が蔓延するのを防ぐために働く看護師を検疫官といいます。検疫官は空港などの検疫所で体調不良を訴える出入国者がいた場合、健康相談や採血検査を実施し、感染症の疑いが生じた場合は速やかに病院へ搬送します。他にも、衛生調査、船舶衛生検査などを行います。検疫官は公務員で、厚生労働省で随時募集しています。

関連リンク