検疫法

検疫法は日本に常在しない新たなウイルスや菌が、船舶や航空機を介して国外から侵入することを防ぐために制定された法律です。空港や港で外国からの入国者や輸入品が病原体に汚染されていないかを調べたり、感染した媒介動物がいないかを検疫し、伝染病の国内侵入を防ぎます。

関連リンク