結核

理容師、美容師が結核等の結核などの感染症にかかったときは、開設者及び管理美容師は速やかに所管の保健所に届け出るとともに、当該従業員を作業に従事させないようにしなければいけません。初期症状は風邪に似ています。乾いた咳、痰がからむ、微熱、胸が重い、痛い、このような症状が2週間以上続いた場合は、結核を疑い医療機関を受診する必要があります。理美容所は不特定多数の人々が集まる場所であるため、地域の公衆衛生において責任があります。自身の健康管理はもちろんのこと、感染症を広めないように定期的に健診を受診し、早期発見、早期治療に心がけることが大切です。

関連リンク