可溶化作用

可溶化作用とは本来水に溶けない物質を界面活性剤を使って透明に溶かす現象のことです。可溶化状態では実際に水に溶けているのではなく、界面活性剤のミセル中に取り込まれているだけです。化粧水や美容液などの香粧品では、可溶化作用を利用して、本来水に溶けないビタミン類や香料を透明に溶解させています。

関連リンク