下肢静脈瘤

下肢静脈瘤は生まれつき血管壁が弱い人が加齢とともに発症しやすくなる疾患で、静脈が拡張、蛇行します。環境因子も一つと言われており、特に理容師、美容師など長時間の立ち仕事が多い場合は注意が必要です。予防法は寝た状態でクッションなどを使って膝から下を持ち上げたり、圧縮靴下などで圧をかけると有効です。症状が悪化すると深部静脈血栓、肺塞栓を引き起こすことがあり、外科的治療が必要になります。下肢静脈瘤の合併症としてよく聞くのが、飛行機に長時間乗った時に低酸素も加わって起きるエコノミークラス症候群(ロングフライト症候群)です。

関連リンク