雁金額

雁金額(かりがねびたい)とは江戸時代に流行した女性の美しい額の形を表した名称です。またの名を「富士額(ふじびたい)」、その形が禅宗建築にみられる火灯窓の形に似ていることから火灯額と呼ばれるようになりました。これらは、現在の花嫁の和装かつらの額の形にも見られます。雁金額(かりがねびたい)にするために、余分な前髪を抜き、額のきわにおしろいを塗りこみ、足りない部分は墨で描いて理想的な形に整えました。このようにおでこや襟足の形を整える化粧を際化粧といい、武家階級を中心に一般的に広く普及していきました。

関連リンク