海洋深層水

海洋深層水とは太陽の光がほとんど届かず、年間の平均水温がほとんど変わらない水深200メートル以上の深さの海水のことです。太陽の光が届かないため光合成を必要とする微生物、有機物、細菌類、環境ホルモンがほとんどいないため水質が良いのが特長です。海洋深層水には食物の消化、吸収、老廃物の排泄、エネルギー生産などの生命活動に欠かせないミネラルが豊富に含有されていることから注目されています。

関連リンク