加法混色

色光は赤(R)、緑(G)、青(B)の3色を基本として成り立っており、この3色を混合することでさまざまな色光をスクリーンに映し出すことができます。スクリーンに投影すると、色光が重なった部分は明るさが加わって、元の色よりも明るくなり、3つ全ての色が重なった部分は白になります。カラーテレビ、コンピュータモニタ、スキャナ、ステージ照明などは加法混色の考え方に基づいています。一方、加法混色の反対を減法混色といいます。赤(マゼンタ)、黄(イエロー)、青(シアン)を混合して生まれた色は、元の色よりも暗く濁ります。カラープリンターなどはこの考え方に基づいています。

関連リンク