カバーホワイト

ベースメイクアップにおいて顔の立体感を強調させるためのテクニックの一つです。骨格の凹凸を意識し、額、鼻筋、顎先には肌よりワントーン明るいハイライトを入れ、こめかみのくぼみ、頬のくぼみ、鼻筋の側面、目がしらのくぼみには肌よりワントーン暗いローライトをいれます。カバーホワイトとは、光が当たった時に影が出やすい部分や、目の下のクマ、くすみが目立ちやすい小鼻の脇や、ほうれい線、口角の下に、肌よりやや明るく、ハイライトよりは暗い中間色を入れることです。シミやそばかすなどの肌トラブルを目立たなくさせる効果もあります。