十二単

平安時代の宮廷の成人女性の正装で非常に装飾的な着物です。正式名は女房装束といい宮中の儀式で着用されました。現在では皇族の即位の大礼の儀、皇族妃の御成婚の儀などで着用姿が見られます。十二単は唐衣(からぎぬ)・表着(うはぎ) ・打衣(うちぎぬ)・五衣(いつつぎぬ)・単衣(ひとえ)・長袴(ながばかま)・裳(も)を重ねます。当時は重ねた着物の枚数は20枚以上あったともいいます。手には檜扇を持ち、懐に帖紙を入れます。髪型は大垂髪(おすべらかし)が基本です。近年は和装結婚式が人気なこともあり、結婚式や前撮りの衣装として十二単に大垂髪のかつらを着用する人もいます。

関連リンク