表皮母斑

顔や頭など日光(紫外線)に晒される部分は悪性腫瘍が発生しやすい部分です。頭皮に悪性腫瘍があった場合、患部が盛り上がっているなど手で触った感触がない限り本人は気づくことができないため、理容師、美容師が腫瘍を発見した場合、医師の受信を勧めることが大切です。腫瘍には悪性腫瘍と良性腫瘍があります。表皮母斑は正常色の小丘疹が桑の実のように集まった状態であったり、神経の走行に一致した列序性であったりします。脂腺母斑との区別が難しく、脂腺母斑であった場合、のちに悪性腫瘍が発生する恐れがあるため切除することが望ましいといわれています。

関連リンク