不浸透性材料

理美容所の構造設計基準は、床、内壁(腰張り)の材質は、不浸透性材料(コンクリート、タイル、ビニールクロス、クッションフロア等)であることと定められています。理美容所を開設する際は、設計図が出来上がた時点で着工前に所管の保健所に図面チェックを受けることが推奨されています。構造設計上の基準は、作業面積、洗浄設備、換気、採光、照明など細かく決まっており、これらの条件を満たしていない場合は、再工事が必要な場合もあります。開業届け提出時には店舗の図面も必要です。全ての条件をクリアしなければ開業することができません。

関連リンク