風しん

風しんは風しんウイルスによっておこる急性の発疹性感染症で、日本では5類感染症に分類されます。風しんウイルスの感染経路は、飛沫感染で、ヒトからヒトへ感染が伝播します。風しんウイルスに感染すると、約2~3週間後に発熱や発疹、リンパ節の腫れなどの症状が現れます。子供に比べて大人は重症化しやすく、発熱や発疹は長期間続く場合があります。また、風しんに対する免疫が不十分な妊娠20週頃までの女性が風しんウイルスに感染すると、先天性風しん症候群という眼や心臓、耳等に障害をもつ子どもが生まれる可能性があるため、妊娠前に風しんの予防接種を受けることが推奨されています。

関連リンク