非社会的問題行動

非社会的問題行動とは人間関係を構築、維持することができず、被害妄想や心の病を抱え、社会への参加が難しくなることです。心の病が進行するにつれて社会が怖くなり、不安で身動きが取れなくなり、外出や職場出勤ができなくなります。このような場合、無理をして動こうとすると、動悸が高まったり、腹痛や吐き気をもよおしたり、息苦しくなったり身体的不調を引き起こす恐れがあります。非社会的問題行動の多くはストレスが原因であるケースが多いため、カウンセリングの目標は原因となるストレスが軽減されるように導き、社会生活を取り戻すサポートをすることです。

関連リンク