非イオン型界面活性剤

界面活性剤は水に溶かしたときに電離してイオンになるイオン型界面活性剤か、イオンにならない非イオン型界面活性剤にわかれます。非イオン界面活性剤は乳化力や可溶化作用(物質を水に溶かす作用)に優れているため、クリームや乳液の乳化剤として用いられたり、香料や有効成分の可溶化剤として用いられています。さらに非イオン界面活性剤は「エステル型」と「エーテル型」に分かれます。エステル型はグリセリンなどの多価アルコールに脂肪酸を結合させ、酸化エチレンを加えたものです。エーテル型は高級アルコールなどに酸化エチレンを加えたものです。

関連リンク