併置混色

併置混色(並置混色)とは二色以上の色のついた細かい点(ドット)を隙間なく敷き詰めることで、遠くから見るとその混合色が生まれることをいいます。例えば、赤と黄色の細かいドットを敷き詰めたものを遠くから見ると、全体が赤と黄の混合色であるオレンジに見えます。また、青い縦糸と緑の横糸で織った織物は、遠くから見ると青緑の生地に見えます。このような併置混色は、点描画法でも用いられています。

関連リンク