反社会的問題行動

反社会的問題行動とは社会のルールや規則を守らない自分勝手な行動をさします。人をだましたり、脅したり、モノを盗んだり、時に暴力や放火、破壊などの重大な犯罪を起こします。反社会的問題行動が目立つ人の場合は、愛情欲求や社会的承認欲求が満たされず、フラストレーションが潜んでいる場合があります。カウンセリングの目的はこのような傷ついた心や不満を引き出し、原因を探り、適応行動に導くことです。

関連リンク