白質

白質は脊髄の断面にみられる、白色の部分です。脊髄の中心部には灰白色をした灰白質とその周りを囲む白い白質がみられます。灰白質には神経細胞が、白質には神経線維が集まっています。灰白質にはH字型の角があり、前角から運動神経が出ており、後角から知覚神経が出ています。脊髄は頚髄、胸髄、腰髄、仙髄、尾髄に分けられます。それぞれ、頚椎、胸椎、腰椎、仙椎、尾椎という骨の中にあります。さらに頚椎からは8対、胸椎からは12対、腰椎からは5対、仙椎からは5対、尾椎からは1対、合計31対の脊髄神経がでており、脳へさまざまな指示をだしています。

関連リンク