筥迫

筥迫とは江戸時代に女性が胸元に入れて使った箱形の化粧ポーチのようなものです。当時は女中や武家の中流以上の女性が、身だしなみを整える為の懐紙や鏡、楊子、かんざしなどを持ち歩くために使用していました。 表面に華やかな刺繍が施されており、華麗な金襴(きんらん)、緞子(どんす)、羅紗(らしゃ)などが使われ香袋がついています。現代では装飾的なもので、花嫁や七五三の衣装小物として胸元に挟みます。花嫁小物には筥迫以外に「懐剣」「末広」があります。筥迫や懐剣は、着物や帯、帯揚げ、帯締めの色・柄に合わせてコーディネートします。

関連リンク