発汗

汗の主な働きは体の体温を調整することです。発汗は自律神経によってコントロールされており、一日の発汗量は0.5L~2Lといわれています。特に夏場に激しい運動をした場合はそれ以上になる場合もあります。汗はその99%が水分で残り1%が食塩、尿素などの固形物からなっています。汗が塩辛いのはそのためです。エクリン腺から発汗する汗は酸性で、アポクリン腺から発汗する汗はアルカリ性です。腋窩のアポクリン腺から発汗する汗は人により悪臭を発します。また、汗により衣類に色が付着することがあり、これはその部位の皮膚や毛の表面に付着した細菌によるものであることが多いです。

関連リンク