減法混色

赤(マゼンタ)、黄(イエロー)、青(シアン)の三原色を混合して生まれた色は、元の色よりも暗く濁ります。これを減法混色といいます。カラープリンターなどはこの考え方に基づいています。一方、減法混色の反対を加法混色といい、赤(R)、緑(G)、青(B)の3色を基本とし、二色以上の混合で生まれた光は元の色よりも明るくなることをいいます。テレビモニターや舞台照明などはこの考え方に基づいています。

関連リンク